【緊急】今すぐお金を借りる方法│即日審査キャッシングするには?

すぐにお金を借りる方法とは?

緊急にお金が必要になった時、すぐに準備できる方法はあるのでしょうか。すぐにお金を借りるためにはどのようにするとよいのでしょう。

 

まず急いでお金を借りたい時には、すぐに貸し付けを行うローンを選ぶ必要があります。今すぐ借りたいのに、審査に1週間や2週間もかかってしまうローンを選ぶと、間に合わないわけです。審査が短いローンの代表的なものとしては、カードローンやキャッシングでしょう。消費者金融はもともと借入までの時間が短いと考えられています。銀行も、カードローンなら審査にかかる時間はとても短いものもたくさん登場しています。

 

ただしいずれのローンに申し込むにしても、注意したいのは審査時間だけではありません。契約手続きや借入できるようになる条件、また実際に借りるまでの手順を確認する必要があるでしょう。たとえば、契約時に書面を郵送でやり取りするなら、すぐに借りたい時には間に合いません。また銀行カードローンでよく見られる、預金口座の開設が必要なものも時間を要します。他にもカード発行するまでに時間がかかってしまう場合や、振り込みによるキャッシングも対応曜日や時間も気にしておきたいところです。

 

すぐに借りたい時にはカードローンはおすすめの方法ですが、申し込む側もどのカードローンなら確実に早く借りられるようになるのかを把握してから申し込みましょう。申し込みをする方や、申し込みを始める時間によっても最短借入の方法は違ってくることもあります。カードローンやキャッシングなら、どれでも即借りられるようになるというわけではないのです。

 

急いでいる時の注意点

急いでお金を借りたい時だからこそ注意しておきたい点があります。急いでいるとおろそかにしてしまいやすいのが、申し込み先の安全性の確認です。どこでもいいからという考えで申し込んでしまうと、これは借りられないどころか、後々問題を引き起こす恐れも含んでいます。

 

安全な業者ばかりではなく、違法な業者、詐欺まがいを働く所などもまだまだ多いのです。こういった危険なところは、申し込み者の焦る気持ちを利用している部分があります。確認もほどほどに、とにかく急がないとダメですよと、うまく話を持っていくのです。普段なら何かが変だと感じれば、そこで手続きはストップするものでしょう。しかし、どうしても借りたい、早くお金を借りる必要がある、こんな気持ちに付け込んでくるわけです。

 

銀行カードローンなら特に下調べをする必要なく、ローンの金利や限度額を確認して申し込みをスタートしてもよいでしょう。大手消費者金融も同様と考えてしまいますが、大手消費者金融は知名度があるだけにそれを利用した違法な業者もあるのです。違法な業者は、勝手に大手消費者金融の名前を使ってDMを送ったり、FAXを送信したりして利用者を募ることがあります。急いでいると、確認する時間ももったいないから、知っている消費者金融だから、とすぐに申し込みをしたくなります。しかし、大手消費者金融は過去に利用したことがない方に、DMなどを勝手に送ることはありません。

 

一手間だと思っても、申し込み前には本当に安全な業者かどうかを確認しましょう。特に中小の消費者金融なら、営業年数なども目安に、安心して申し込める先かどうかを知る必要があります。

 

消費者金融なら絶対に間に合う?

すぐに借りたい時に頼りになる存在が消費者金融ですね。ざっと見ただけでも「審査時間最短30分」「ネットで24時間すぐに申し込みができます。」という消費者金融がほとんどですから、ホッと胸をなでおろしたのではないでしょうか。

 

しかし、消費者金融も絶対にどんな時でも誰でもすぐに借りられるというわけではありません。借りられないこと、間に合わなくなってしまうケースもあるのです。まず、そもそも審査に通らないと借りることはできません。また、消費者金融は総量規制がありますので、年収の3分の1の額をすでに他の貸金業者から借りていると利用することはできないのです。

 

また、24時間ネット申し込みができると書かれている消費者金融も、審査は24時間対応ということはまずありません。審査に対応している時間は各消費者金融に違いがあります。平日9時から20時まで、あるいは21時までが審査対応時間となっているところが多いです。

 

また、審査がすんでも決まった時間までに契約が完了しないと、借入までは進められません。ネットで借りるなら平日の午後14時前後、店舗に契約に行くのならその営業時間(18時や19時ぐらいのところが多いです。)、自動契約機もその営業時間(店舗よりは長いですがそれでも21時ぐらいまでのところがほとんどでしょう。)が借りられる最終リミットです。これも、消費者金融ごとに違いがありますし、各店舗などでも営業時間は違ってきます。

 

消費者金融だから絶対に大丈夫!と過信してしまうと、間に合わないということになります。自分が申し込む消費者金融ではどのような方法が最短の方法として勧められているのか、自分がその方法をできるのかをキチンと確認の上申し込みましょう。急いでいる時ほど、準備が大切です。

 

急いでいても誰かに頼まないほうがよい理由

急いでお金を借りたい時に、ふと親や兄弟、友人などに頼んでしまおうと考えやすいものです。しかし、お金を借りることを身近な誰かに頼むことは避けましょう。お金を貸し借りすることで、その後の関係が変わってきてしまうかもしれません。

 

お金を貸す側はあげるつもりで、などとよく言われています。もしも自分が貸す立場になったらどうだろう、ということを考えてみましょう。これまで仲が良いと思っていた友達にお金を貸してほしいと頼まれただけで、「あまり自分との友情は大切だとは思っていないのかな…。」と心配になってしまうのではないでしょうか。

 

逆に自分が困っているからといって、誰かに頼んでも誰もが100%喜んで貸してくれるというわけではありませんよね。お金を借りる側は、借りたことをなぜか忘れてしまいやすく、また一旦手にしたお金を自分のものと思い込んでしまうこともあります。貸した側は返済が終わるまで、なんとなくモヤモヤした気持ちを抱えることになってしまうでしょう。またその気持ちが後々友情にもひびを入れてしまうかもしれません。

 

お金を借りるなら、金融機関や金融業者を選んで申し込みをするほうがよいでしょう。今は利息も低いものが出ていますし、利用期間によってはとても低い金額に利息を抑えることもできます。借りた後にそのサポートがきちんとしていることも、金融機関や金融業者は安心の理由です。返済を問題なく進められるように、返済方法がたくさんあるところから選んでおくのもよいでしょう。返済日前などにメールでお知らせが届くところもあり、ついうっかり忘れるということも防げます。